名古屋の美容外科で美を追求する│理想的な容姿を手に入れるために

ナース

ダウンタイムを把握しよう

婦人

名古屋の美容整形が運営しているホームページを見ると、よく「ダウンタイム」という文字が出てきます。美容業界では当たり前のように使われているこの言葉ですが、意味をちゃんと理解している人は案外少なめです。ダウンタイムというのは、施術を受けた後に生じた痛みや腫れが完全に治まるまでの期間のことを言います。施術の内容によっては術後内出血やあざ、赤みなどが見られるものもありますが、これらもダウンタイムに含まれます。痛みや腫れの程度には個人差がありますが、程度が強いと仕事や家事などを十分にこなせなくなることもあります。病院のホームページやカウンセリング時の医師からの話で「術後◯日間は仕事に行けなくなる可能性が…」とあるのはそのことを言っています。ただこれは痛みや腫れが強く、もしくは長く出ている場合に言えることで、人によってはすぐに引いてきたり、あざや赤みに関しても数日でメイクで隠せるレベルにまで色味が落ちたりすることもあります。ダウンタイムには施術別に目安となる期間があるものの、それなりに個人差もある、ということを覚えておきましょう。

名古屋にある美容外科では、プチ整形と呼ばれる施術が受けられます。プチ整形には「リーズナブル」「施術時間が短い」などの特徴がありますが、それらとは別に大きな特徴があります。それは「ダウンタイムがとても短い」という点です。理由として、メスを使わない簡単な内容の施術であるというのが大きく影響しています。プチ整形が術後すぐにメイクができ、また翌日から仕事や学校に復帰できるので、若い女性はもちろん40代以降の中高年からも強い支持を集めています。本格的な美容整形とは違い効果の持続期間が若干短いという懸念点はありますが、術後のダウンタイムを回避したいという人にはうってつけの施術と言えるでしょう。プチ整形にも目元に施すものや胸に施すものなどいろいろな種類があります。名古屋の美容外科は数多くのプチ整形を用意しているので、「この施術を受けたい」と思えるものがきっと見つかるはずです。ダウンタイムの無い施術を受けたい人は、名古屋の美容外科へ行きましょう。

TOP